logo

au、「CA003」など冬モデル5機種を10月30日発売

松田真理(マイカ)2009年10月28日 20時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラーは10月30日、カシオ計算機製「EXILIMケータイ CA003」「EXILIMケータイCA004」、シャープ製「AQUOS SHOT SH003」、京セラ製「SA001」、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製「S002」の5機種の販売を開始する。

 EXILIMケータイ CA003は、12.2メガカメラを搭載し、1秒あたり20枚の高速連写やダイナミックフォト機能に対応したモデル。ディスプレイは、3.3インチフルワイドVGA有機ELを採用している。EXILIMケータイ CA004は、8メガカメラを搭載し、フェイスフォーカスや手ブレ補正など撮影サポート機能を備えた、EXILIMケータイのスタンダードモデルだ。

 AQUOS SHOT SH003は、12.1メガCCDカメラと3.4インチのタッチパネルを搭載したモデル。ディスプレイをタッチしてピントをあわせ、写真の撮影ができる。

 SA001は、ワンセグ対応スライド式携帯電話として世界最薄という約11.9mmのボディが特徴。傷が付きにくい強化ガラスと、汚れが拭き取りやすいクリーンクリアコートを採用した。

 S002は、世界192の国や地域で使用できる「グローバルパスポートGSM」に対応したコンパクトモデル。大きくて見やすい、独立型のキーを配置した。

 このほか、8.1メガカメラと3.3インチフルワイドVGA有機ELディスプレイを搭載した、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製「Cyber-shotケータイ S001」の新色として、「ホワイト」および「ブラウン」を同日発売する。これにより、カラーラインアップは、「マゼンタ」「オリーブ×ゴールド」「ブラック」と合わせて5色となる。

  • EXILIMケータイ CA003

  • EXILIMケータイCA004

  • AQUOS SHOT SH003

  • SA001

  • S002

  • Cyber-shotケータイ S001の新色、ホワイトとブラウン

-PR-企画特集