logo

米国の太陽光発電奨励策、初期コスト低下などに効果--米報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ローレンス・バークレー国立研究所が米国時間10月21日に発表した報告書によると、米国内で導入されている太陽光発電への奨励金は、同国における太陽光発電システム導入数の増加および初期コストの低下に効果があるという。同報告書の推定によると、太陽光発電システムの導入コストは1998年の1ワット当たり10.8ドルから、2008年には7.5ドルに低下しているという。また同報告書は、2007年以降、太陽光発電システムの導入が著しく増加していると記している。

-PR-企画特集