logo

フェンリル、IE 8の互換表示切替に対応した「Sleipnir 2.9」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェンリルは10月15日、同社が開発するウェブブラウザ「Sleipnir」の最新版「Sleipnir 2.9」を発表した。

 Sleipnir 2.9では、Internet Explorer 8(IE 8)に搭載されている互換表示切替機能が追加された。IE 8以前のバージョン用にデザインされ、IE 8ではレイアウトやデザインが崩れてしまうウェブページを、IE 7互換モードに切り替えることにより適切に表示することができる。

 また、Windows 7正式版に対応し、カスタマイズ可能なジャンプリスト機能を搭載したほか、履歴の検索機能や、Bing、NAVER、コトバンク、Weblioなどの検索エンジンを追加した。

-PR-企画特集