ヤマハ、スポーツに合わせて音楽を自動生成する「BODiBEAT BF-11」

加納恵(編集部)2009年10月06日 20時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月6日、ランニングやウォーキング時に最適なミュージックプレーヤー「BODiBEAT BF-11(ボディビート)」を発表をした。走るステップに合わせて曲の自動生成、再生をするという。専用サイトにて販売されている。価格は2万9800円。

 BODiBEAT BF-11は、1Gバイトの内蔵メモリを備えたデジタルプレーヤー。アームバンドや脈拍センサ付きイヤホンなどを標準装備している。走ったり、歩いたりするステップに合った曲を自動選曲、再生する「フリーワークアウトモード」、音楽のテンポに合わせるだけで効果的な有酸素運動ができる「フィットネスモード」を搭載している。

 本体には音源とシーケンサーを利用して楽曲を生成する「BODiBEAT Mixer」機能も内蔵しており、約2000フレーズの楽器演奏パターンと、約100ファイルのシーケンスパターンから、ステップに合った曲を自動生成できるとのこと。組み合わせパターンは10万通り以上で、同じテンポでも違う楽曲が再生されるという。

 運動中でも操作がしやすいつまみ式ボタンを採用。運動中の心拍数をLEDの色の変化で表示することもできる。

 対応オーディオファイルは、MP3、WMA、AAC、WAVの4種類。PCからUSBケーブル経由で、楽曲の転送や充電が可能だ。

「BODiBEAT BF-11」 「BODiBEAT BF-11」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加