3Di、ブラウザ向け3D空間ビューア技術をオープンソース化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ngi groupの子会社である3Diは9月30日、OpenSim対応のウェブブラウザ向け3D仮想空間ビューア技術「3Diビューア“Rei”」をオープンソース化すると発表した。

 3Diビューア“Rei”は、3Diが商用版として提供している3D仮想空間ビューア「3Di OpenViewer」と同じコア技術を使用している。オープンソースであるOpenSimや、3DiがOpenSimをベースに開発した3D仮想空間サーバソフトウェア「3Di OpenSim」で構築した3D仮想空間を、ウェブブラウザ上で表示したり、操作したりできる。

 また、ウェブページへの埋め込みが可能なため、3D仮想空間を簡単にウェブコンテンツに取り入れられるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加