logo

Twitterから知る自社ブランドのイメージ - (page 2)

安西敬介(オムニチュア)2009年09月30日 15時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さきほどのようなブランディング検索の検索結果を日別で取得し、集計し直したものをOmniture SiteCatalystに取り込んだ一例が下記だ。

Omniture SiteCatalystにTwitterの検索結果を取り込んだ。Omniture SiteCatalystにTwitterの検索結果を取り込んだ。

 ツールに取り込むことでTwitterのデータを蓄積することができ、日別、週別、月別といった視点でブランドワードがどのくらい投稿されているかを把握できる。

 これらのデータが、他のサイトのデータとともに統合され、参照すべきデータの場所が集約できることも1つの魅力だろう。

 また、ツールに取り込むことで、そのツールに組み込まれた機能も利用できるようになる。例えば、アラート機能などを利用すると、前日比で25%以上変化があった場合は、担当者にメールを配信するといったことも可能だ。

 今回はTwitterのブランディング検索への利用について触れた。このブランディング検索については、Twitterアカウントが無くても実施可能である。

 CGMを利用したブランディング計測では、自社や自社ブランドについて書かれたブログを集計する方法などもあるが、やはりブログを書くということはそれだけ時間がかけられているため、取得できる内容は限られてくる。

 それに比べ、Twitterは非常に気軽に投稿できるがゆえに、消費者の生の声に近いものを切り取ることができる。これを活用しない手はない。ぜひ自社を知るための1つのツールとして活用していただきたい。

安西敬介

オムニチュア株式会社

コンサルタント

2001年に国内大手航空会社のシステム子会社に入社後、システムエンジニアとして予解約システムの開発、予約フロー設計に携わったのち、コンテンツディレクターとしてサイトリニューアルなどを手掛けた。その後は、同社内のマーケティング戦略立案支援やウェブ解析の導入や活用促進に携わった。オムニチュアへは2008年に入社。エンドユーザーとしての経験を活かし、現在は企業のオンラインマーケティングを成功に導くためのコンサルティング業務を担当している。学習院大学法学部卒。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]