logo

GE、ソーラービジネスを促進の構え--低コスト素材を用いた薄膜太陽電池パネルを製造へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エネルギー大手のGeneral Electric(GE)は米国時間9月23日、同社の太陽電池パネルビジネスを促進させるため、テルル化カドミウムを使用した薄膜太陽電池パネルを2011年中に製造する計画をEmTechカンファレンスで明らかにした。同社は現在、シリコンを用いた太陽電池パネルを販売しているが、テルル化カドミウムを使用した薄膜太陽電池パネルは1ワット当たりのコストが最も安価なため長期的には有望だと考えている。業界における価格競争で上位のFirst Solarも、テルル化カドミウムを太陽電池の素材に用いている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]