logo

[ウェブサービスレビュー]オンラインであらゆるフォーマット変換が可能!「Convert.Files」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Convert Files
内容:「Convert.Files」は、さまざまなフォーマットへの変換に対応したウェブサービスだ。文書はもちろん画像、動画、音声、映像に至るまで、ありとあらゆるフォーマットのファイルをオンラインで相互変換できてしまうのが特徴だ。
  • サイトトップページ。対応するファイルフォーマットと、変換可能なフォーマットがページの下までズラリと列挙されている。その豊富な種類はまさに圧巻の一言

 「Convert.Files」は、文字通りありとあらゆるフォーマットの変換に対応したウェブサービスだ。ドキュメントであればDOCX、DOC、TXT、XLSX、XLS、PDF。イメージであればBMP、GIF、JPG、PNG、PSD。オーディオであれば、AAC、MP3、WAV、WMA。ビデオであれば、3GP、ASF、AVI、FLV、MPG、WMV。これらのフォーマットの相互変換がすべてオンラインでできてしまうのだから、まさに最強のフォーマット変換サイトと言ってよいだろう。

 操作方法は、ウィザードに従ってファイルをアップロードし、変換したいフォーマットを指定してから「Convert」ボタンを押すという、きわめて一般的な手順に則っている。変換対象のファイルについては、ローカルからのアップロードだけでなく、ウェブサイト上にアップロードされているファイルも指定できるので、動画共有サイトのURLを指定してAVI形式などに変換してダウンロードするといったワザも可能だ。

  • ページ上部のフォームで、変換したいローカルのファイルを指定したのち、変換後のフォーマットを選ぶ

 変換が完了したらダウンロードURLが表示されるので、そこを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択することで、ローカルにダウンロードできる。また、オプションにチェックを入れておくことでダウンロードURLをメールで送ることも可能なので、簡易なファイル共有としても使える。ちなみに保存期間は24時間となっている。

 個人的に使えると思ったのは、EPSやPSDファイルをJPGに変換できる機能だ。特定のアプリケーションがインストールされていないと内容が確認できないこれらのファイルを、オンラインで変換して見られるのは非常に重宝する。Office2007形式のファイル(DOCX、XLSX)のビューアとしても使えそうだ。

 ローカルのアプリケーションで変換する場合に比べると、例えばJPGへの変換では圧縮率を指定できないといった難はあるが、オンラインの無料ツールにそこまで求めるのは野暮というものだろう。プライベートからビジネスに至るまで、ブックマークに入れておけば、いざという時に役に立ってくれるサイトだ。

  • 「Convert」をクリックすると変換が開始される

  • 完了するとダウンロードするためのURLが表示される。このURLはメールで受信することも可能

  • YouTubeやDailyMotion、Youku.comなど動画サイトのURLを指定し、AVIファイルとしてダウンロードすることも可能。手持ちの動画のフォーマット変換も可能だが、扱えるファイルサイズの上限が100MBということもあり、高解像度の動画の変換には適さない

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]