logo

テンダ、eラーニングコンテンツ作成ツールの多言語対応機能を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テンダ(小林謙社長)は、eラーニングコンテンツ作成ツールのバージョンアップ版「Dojo(道場)Version 1.42」を9月7日に発売した。

 「Dojo」は、Windows上でアプリケーションの操作を行うだけで、簡単にマニュアルやeラーニングコンテンツの作成を自動化することができるソフトウェア。今回のバージョンアップでは、多言語対応機能をさらに強化し、「Dojo」で作成したコンテンツを、多言語ブラウザ(英・中)および多言語MS Office(英・中)で閲覧することが可能となった。

 また、コンテンツに含まれる日本語文章を、英語・中国語に変換できるほか、英語・中国語からの日本語変換も行うことができる。これにより、日本国内で日本人が作成した日本語のコンテンツを、そのまま海外で閲覧することができるようになった。

テンダ=http://www.tepss.com/
「Dojo」=http://www.tepss.com/dojo/

-PR-企画特集