logo

工人舎、約345gのコンパクトな新モバイルPC「KOHJINSHA PM シリーズ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 工人舎は9月8日、タッチ入力対応の4.8型ワイド光沢液晶を搭載した手のひらサイズのモバイルPC「KOHJINSHA PM シリーズ」を発表した。同社のウェブサイトにて同日から受注を開始し、10月上旬より販売開始となる。価格は5万9800円。

 KOHJINSHA PM シリーズは、CPUにAtom Z510を搭載し、メモリ512Mバイト、ストレージに16GバイトのSSDを採用した。ワイドSVGA対応の4.8型ワイド光沢液晶を装備し、重量約345g、高さ13.5mm×幅約158mm×奥行き約94.2mm(最薄部)の手のひらサイズを実現している。

 ディスプレイにはタッチ入力機能付きの液晶を採用し、指先や付属のスタイラスペンだけで操作が可能。表示解像度は1024×600ドット(ワイドSVGA)で、Fn+ESCキーで表示解像度を1024×768ドットや640×480ドットに切り替えられる。

 バッテリ駆動時間は約7時間。USB2.0やmicroSDカードスロット(SDHC対応)を備え、通信機能には無線LAN、Bluetoothを搭載した。さらに、ディスプレイ前面側に130万画素のカメラを内蔵している。

「KOHJINSHA PM シリーズ」 「KOHJINSHA PM シリーズ」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]