logo

[ブックレビュー]次回のプレゼンが待ち遠しくなる--「プレゼンテーションZen」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピアソン・エデュケーション
ガー・レイノルズ
詳細:単行本(ソフトカバー) / 256ページ / ピアソンエデュケーション / 価格:¥ 2,415 / 著者:Garr Reynolds,ガー・レイノルズ / 発売日:2009/09/07 / 外形寸法 (H×W×D):22.6cm × 17.2cm × 1.4cm / 重量:0.5 kg
内容:プレゼン能力をベースから高めるためのビジネス書。PowerPointやKeynoteを使えるからプレゼンができるのではなく、本当にプレゼンするためには何が必要なのか? という原点を見直す。

 「プレゼンの準備をするぞ」とおもむろにPowerPointやKeynoteを起動する。しかし、何かが根本的に間違っているように感じられはしないだろうか。プレゼンテーションは本来ソフトウェア主体でするものではないはずだ。では、効果的なプレゼンテーションをするには、何をすればいいのか。その疑問に丁寧に答えてくれるのが本書だ。

 コンピューターに向かう前にまず、紙とペンだけでブレインストーミングをし、ストーリーを練る。伝えたいことを分かりやすく効果的に表現するには「物語」が大切だという。スライドでの見せ方や自分の見せ方を考えるのは、もっと後になる。

 デザインについては「禅の美学」を引き合いにだし、余計な文字、写真、図、色などをすべてそぎ落としたシンプルで効果的な表現を目指している。そのため、たくさんのスライドサンプルの改善前と改善後を並べて示すだけでなく「なぜそれではいけないのか」が詳細に解説されている。

 面白いのは、プレゼンテーションの本番での態度や心構えについてもアドバイスがあることだ。「その場に集中する」「深刻に考えすぎずに明るく」などの具体的なアドバイスは、緊張や失敗を恐れる気持ちを和らげ、勇気づけてくれる。ここまで読めば、あとは次回のプレゼンテーションから実践あるのみだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]