logo

透明ガラスでマウスが使える--ロジクール、新センサ「Darkfield」搭載マウスを発表

坂本純子(編集部)2009年08月20日 19時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロジクールは8月20日、透明ガラスの上でも使えるなど、マウスセンサの性能を大幅に向上したマウス2機種を発表した。

  • フルサイズで9ボタンを搭載した「Logicool Performance Mouse M950」

 製品は、フルサイズで9ボタンを搭載した「Logicool Performance Mouse M950」とコンパクトで7ボタンを搭載した「Logicool Anywhere Mouse M905」。2009年中に販売する予定だが、国内での販売価格は未定としている。対応OSは、Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Mac OS X。

 ロジクールの新技術「Darkfield レーザー トラッキング」により、これまで難しいとされてきた透明ガラスの机などあらゆる平面で利用できるのが特徴だ。

 暗視野顕微鏡で使われる技術をマウスに応用し、レーザー光を通過させるガラスなどの表面上では2つのレーザーを使用している。

  • コンパクトで7ボタンを搭載した「Logicool Anywhere Mouse M905」

 ガラスの表面に付着した微小な粒子や傷が拡散させた光を、暗い背景の中で検出し、その光の位置変化をマウスの動きとして認識する。ロジクールによると「雲のない夜空では、明るい昼には見えないたくさんの星を観察できるのに似ている」とのこと。

 また、1つのレシーバにロジクール製マウスやキーボードを最大6台まで接続できる「Logicool unifying」に対応している。

 このほか、Logicool unifyingに対応した製品として、マウスのほかに薄型コンパクトデザインの「Logicool Wireless Keyboard K340」も発表している。国内の発売時期は未定とのことだ。

  • 薄型コンパクトデザインの「Logicool Wireless Keyboard K340」

  • 「Logicool unifying」のレシーバ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]