logo

サイバーいじめで告訴--少女自殺により制定のミズーリ州法で初めて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

St. Louis Post-Dispatchは米国時間8月18日、ミズーリ州在住の女性が17歳の少女の個人情報をCraigslistに投稿した容疑で告訴されたと報じた。40歳であるこの女性はミズーリ州が新たに制定した法の下で、サイバーいじめで告訴された最初の人物となった。この新法は、ネット上でのいたずらが原因で13歳の少女が2006年に自殺した事件を受けて制定された。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]