logo

Twitter、フォロワー販売サービスに対する取り締まりを開始か

文:Caroline McCarthy(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年08月18日 11時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterが、フォロワー数を増やすサービスを販売するという物議を醸す事業を展開する企業に対して、取り締まりに乗り出している可能性がある。あるオーストラリア企業によれば、Twitterは、スパム活動を行っているという理由で、同社の活動を停止させようとしているという。

 uSocialと呼ばれるマーケティング会社が現地時間8月17日朝に発表したプレスリリースによると、Twitterによって雇われたブランド管理会社がuSocialに連絡し、同社がTwitterを通して送信しているとされるスパムメッセージについて懸念を表明したという(オーストラリアの一部のニュースメディアによると、このブランド管理会社はMelbourne ITと呼ばれる企業だという。われわれは同社に連絡を取り確認を求めたが、まだ返答は得られていない)。

 uSocialは、1000人の新規Twitterフォロワーを87ドルで販売するといったサービスを提供している。また、uSocialは、先日亡くなったポップスターのMichael Jackson氏の家族が同社のサービスを利用して2万5000人以上の新規Twitterフォロワーを購入したと主張して、メディアを賑わせた

 Twitterのフォロワーや、ソーシャルネットワーク上の友人を購入できるようにするサービスは、控えめに言っても、論争の的になる要素をはらんでいる。しかし、uSocialは、こうしたサービスはスパムではないと述べている。

 「スパムの定義は、電子的なメッセージ送信手段を使って、受信者が望んでいない情報を送ることだ。われわれはこうした目的のためにTwitterを使っているわけではないので、弊社のサービスがスパムだという主張は誤りだ」とuSocialの最高経営責任者(CEO)であるLeon Hill氏はプレスリリースで述べた。

 Twitterにもコメントを求めたが、すぐに回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]