logo

Twitterでプレゼンを盛り上げる「Tweet Bubbles」 質問をリアルタイム表示

鳴海淳義(編集部)2009年08月12日 12時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イベントなどのプレゼンテーションにTwitter経由で参加者の意見や質問を組み込めるソフトウェア「Tweet Bubbles」ベータ版を、ウェブ制作会社ピクルスが公開した。

 イベントで利用するにはまず、参加者にコメントを投稿してもらうときに使うキーワードを決める。Twitterでよく用いられるタグ「#」を使って、たとえば「#キーワード」とすると、関係のないコメントを排除でき、あとでTwitterの検索結果を一覧するときに便利だ。イベント参加者には、Twitterでコメントする際に指定したキーワードを含めるように伝えておく。

090812_tweetbubble1.jpgTweet Bubblesの設定パネル

 Tweet Bubblesを起動すると画面右上に設定パネルが表示される。このキーワード欄に先ほど決めたキーワードを入力してMake Bubbles!!ボタンを押すと、Tweet Bubblesが起動して画面の両サイドから吹き出しでTwitterコメントが現れる。ここでPowerPointなどを起動すれば、プレゼン中にTwitterのコメントを読み上げたり、回答したりできる。

090812_tweetbubble3.jpg画面の両サイドから吹き出しでTwitterコメントが出てくる

 起動後は下のようなTweet Bubblesの制御パネルが表示される。これまでの投稿を確認したり、吹き出しの表示をオフにしたりできる。

090812_tweetbubble2.jpgTweet Bubblesの制御パネル

 Tweet Bubblesはプレゼンテーションの用途以外でも利用できる。気になるキーワードを登録しておけば、普段の仕事中にそのキーワードを含むつぶやきが次々にデスクトップに現れる。

 Tweet BubblesはAdobe AIRアプリケーションとして開発されているため、WindowsでもMacでも利用できる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]