logo

Twitter上のクチコミ経路が見える「ReTweeter」 引用「RT」で計測

鳴海淳義(編集部)2009年08月11日 13時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitter上で誰かの発言を引用する際には、文中に“RT”という文言をつけるローカルルールがある。Twitterの正式な機能ではなく、ユーザーが独自に利用し始めたものだ。自分の発言が多くのユーザー、あるいは影響力のあるユーザーにRTされると、より多くの人の目に入るようになる。

 このようなRTを介してユーザーの発言が広がっていく様子を計測できるサービス「ReTweeter」を、アクセス解析サービスを提供するユーザーローカルの閑歳孝子氏が開発した。RTされた数と、RTしたユーザーのフォロワー数から「のべ何人に、あなたの発言が配信されたか」を記録する。

090811_kansai1.jpgTwitterではユーザーの発言がRTされて広がっていく

 トップページでは、新たにRTされた発言が表示される。「人気」「ユーザー」のタブを見ると、いま多くのユーザーにRTされている発言と人もわかるようになっている。サイト右上の「ユーザー表示」という欄に自分のTwitterアカウントを入力すると、過去に自分がRTした発言のうち、人気のものを確認できる。

090811_kansai2.jpgReTweeter トップページ

 ReTweeterを使うと、たとえば企業がTwitterを活用する際に波及効果を測定したり、クチコミの経路を把握したりできる。またTwitterユーザーのなかで影響力のある人もわかってくる。

 ただ、このRTはTwitterの正式な機能ではないため、ユーザーによって引用の書式は異なる。たとえばRTではなく、“via”という文言をつけて引用を表すユーザーもいる。ReTweeterでは現在、RTという文言を含んだ発言のみ表示しているという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]