logo

ぐるなび、ゲームヤロウ、So-netがゲーム内広告を本格展開--出前でレアアイテム

坂本純子(編集部)2009年08月07日 22時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ぐるなびは8月7日、ゲームヤロウが運営するオンラインゲーム「サドンアタック」にてゲーム内広告を展開すると発表した。期間は8月7日から9月18日まで。

  • ゲーム内のキャンペーン広告

 サイトのトップページやゲーム内の壁にキャンペーン広告を表示する。ゲームプレイ中のユーザーに広告を訴求するとともに、キャンペーン特設サイトを用意し、広告に興味をもったユーザーがゲームの合間に出前を注文できるようにした。

 注文をすると、注文受付完了メールにてシリアルコードが受け取れる。シリアルコードを使って、ゲーム内で使える限定のレアアイテムがもらえるしくみ。アイテムは、2キャラクターに4つの武器を加えた6アイテムのいずれかが、ランダムにもれなくもらえる。

 ゲーム内広告は、販促効果や認知度アップだけでなく、ブランドへの好感度のアップも期待できるという。広告企画、制作、販売を担当するソネットエンタテインメント(So-net)が試験サービスで行った調査によれば、ゲーム内で広告を見た層は、ブランドへの好感度が24%高かったとしている。

 PCオンラインゲームは現在、日本国内で約280タイトルあるという。ゲーム内容は随時アップデートされるため、何年も継続してプレイする熱心なユーザーも多い。さらに、オンラインゲームの平均プレイ時間は1日2時間以上と長く、認知度アップにも効果があるとしている。

 広告の価格はケースバイケースという。今後はメニュー化していく方針で、広告掲載を基本メニューとして、アイテム配布などのオプションメニューを販売する。So-netがグループ企業に持つオンラインゲーム会社などとも連携していく方針だ。

 なお、オンラインゲーム市場規模が年々拡大していることから、So-netが中核となり、ゲーム内広告のアドネットワーク化も検討しているとのことだ。

ゲーム内広告で訴求したブランドへの好感度 ゲーム内広告で訴求したブランドへの好感度
ゲーム内広告掲載されているサービスへの関心度 ゲーム内広告掲載されているサービスへの関心度

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]