logo

DSソフトの違法コピー・販売で全国初の逮捕者に懲役2年6カ月の実刑判決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」用ソフトを違法に複製し、ネットで販売したとして逮捕されていた男性に、京都地裁が実刑判決を言い渡した。判決内容は懲役2年6カ月、罰金200万円、追徴金約713万円となっている。

 実刑判決が下ったのは、大阪府在住の男性。判決によると、同被告は2008年7〜8月、自ら開設したホームページ上で、DS用ソフトを不正コピーしたデータを販売していたとして逮捕された。ゲームソフトの著作権法違反として逮捕者が出たのは全国ではじめて。

 判決を言い渡した、栩木(とちぎ)純一裁判官は「巨額な製作費を投じてゲームソフトを制作した著作権者の努力を踏みにじった」と述べ、著作権者が被った多額の損害を認め、求刑どおりの罰金と実刑を言い渡した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]