logo

新興企業Baryonyx、テキサス州の土地を落札--風力発電による海上データセンター建設へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エネルギー関連の新興企業Baryonyxはこのほど、風力発電を利用したデータセンター建設のためテキサス州が所有する3つの土地区画のリース契約を落札した。このうち2つはメキシコ湾の沖合の土地である。Texas General Land Officeによると、Baryonyxのこの2つのプロジェクトは「米国で最大の沖合風力発電施設」になる予定であるという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]