logo

動画配信サービス「Brightcove3」、日本語版を正式公開

鳴海淳義(編集部)2009年07月17日 16時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブライトコーブがオンライン動画配信プラットフォーム「Brightcove 3」の日本語版を公開した。1カ月間の無料トライアルも実施している。

 Brightcove 3は動画コンテンツやプレイリストの管理から、エンコーディング、プレーヤの作成およびカスタマイズ、アドサーバとの連携、動画視聴のレポーティングまで、インターネット動画に必要な機能を備える。

 Brightcove 3は2008年8月から英語版が提供され、アサヒビールグループ、Sony Music、東京ガスといった企業サイトに採用されてきた。

 ブライトコーブはグローバルで700社と契約を結んでいる。国内の顧客は30社だが、日本語版の正式リリースにともない、今後2年以内にブライトコーブのグローバルビジネスで10%のシェアを日本で獲得していくという。

 米国BrightcoveのCEO、Jeremy Allaire氏は日本のオンライン動画市場について、「動画ビジネスはまだ黎明期。我々は広告サポートによる無料動画が立ち上がっていない時期に参入した。これは非常にいいタイミングだった」と述べた。

 今後はAPIやSDKを公開し、パートナー企業がアドオンやプラグインを動画プレーヤーに追加できるようにする。半年前にデベロッパープログラムも立ち上げ、すでに150社が賛同しているという。GoogleやMicrosoft、ソーシャルネットワーキングサービス事業者、アドサーバ事業者などが活用している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]