logo

エネルギー効率の高いスパコンランキング、IBMが上位20位をほぼ独占

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2009年07月15日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMのスーパーコンピュータは、世界で最もグリーンなものの1つである。

 IBMのスーパーコンピュータは、世界で最もエネルギー効率の高いスーパーコンピュータをランキングする新リストで首位の座を獲得した。

 Green500.orgが米国時間6月30日に発表した6月の「Green500」リストによると、世界で最もエネルギー効率の高いスーパーコンピュータランキングの上位20位のうち、18はIBM製スーパーコンピュータだったという。

 Green500.orgはまた、同リストに含まれるマシンのパワーは全体で15%増えたにもかかわらず、これらのスーパーコンピュータのエネルギー効率は平均で10%向上したと述べている。

 スーパーコンピュータのエネルギー効率を測るうえでカギとなる要素は、1ワットあたりの演算回数である。

 エネルギー効率が最も優れていたシステムは、ポーランドのワルシャワ大学数学コンピュータモデリング学際センターにある、「IBM BladeCenter QS22」をベースにしたIBMのスーパーコンピュータだった。このコンピュータは、1ワットのエネルギーあたり536MFLOPS(1MFLOPSは毎秒100万回の浮動小数点演算を行える処理能力を意味する)を達成した。

 世界最速のスーパーコンピュータである米ロスアラモス国立研究所のIBM製スーパーコンピュータは、1ワットのエネルギーあたり444MFLOPSで、エネルギー効率のランキングでは4位となった。

 「現代のスーパーコンピュータは、純粋な性能を追求するだけではもはや十分ではない」とIBMのディープコンピューティング担当バイスプレジデントのDavid Turek氏は述べた。「商業的な成功を得るには、これらのシステムはエネルギー効率にも優れている必要がある。IBMには、革新に取り組んできた長い歴史がある。こうした革新によって、われわれのシステムは、システムのすべてのレベルにおいて、エネルギー効率が大幅に向上した。われわれのシステムは、データセンターのコストとエネルギー使用の両方を同時に削減するよう設計されている」(Turek氏)

 2007年に初めて公表されたGreen500リストは、Green500.orgによって年に2〜3回発表される。このリストは通常、Top500.orgが発表する世界のスーパコンピュータトップ500リストを補足する役割を果たす。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]