logo

トリワークス、最初の1台のみが使えるQRコードシステムを開発--新課金サービス「QT」

坂本純子(編集部)2009年07月14日 18時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリワークスは、キャリアの公式サイトを通さずに携帯電話コンテンツの課金ができるシステム「QT(キュー・ティー)」を開発した。

 同社は、最初に読み取った携帯電話だけがアクセスできる独自のQRコードシステムを開発。QTには1枚ずつ異なるQRコードを(1万枚なら1万通り)印刷したカードを販売することで、キャリアを通さずに携帯電話コンテンツの課金ができる。

 コンテンツは、ほかの携帯電話への転送をできなくするなど公式サイトと同等の高セキュリティを維持し、不正な素材流出を防げるという。

 コンテンツのアクセス先は、同社が用意する専用のサーバとなる。現在対応するコンテンツは、待ち受け画面とFlashコンテンツ(待ち受け、ゲームなど)だが、動画、着メロなどにも対応していくとしている。

 利用料金は、カード代金とシステムの利用料金を含めて、カード1枚あたり250円。1000枚のオーダーより受け付けるという。希望すれば、200枚ごとに違うデザインにすることも可能だ。サーバの利用期限はクライアントの希望によって応じるが、およそ1年程度をめどにしているという。

 カードを販売することで、既存のトレーディングカードのようにコレクション性を持たせることができるほか、イベントやキャンペーンのプロモーションなどにも利用できる。

 第1弾として、7月4日に行われたGACKTのバースデーライブで採用された。サプライズプレゼントとして、この日のためだけに用意したGACKTの撮り下し待受画像や直筆メッセージをQTを活用して配布。転送などはできないため、配布された画像はライブ参加者である1万2000人のファンだけが手に入れられるプレミアム画像となった。

 このコンテンツには、およそ参加者の9割がアクセスしたという。プレミアムライブで熱心なファンが多かったことに加え、扱いになじみのあるQRコードだったことが高アクセスにつながったとトリワークスでは分析する。

 今後は、プロモーションのみならず、パッケージ化して観光地や美術館などのグッズ販売として利用できるようにしたり、システムを応用してカタログギフトなどにも使えるようにしたりしていきたいとしている。

カードのサンプル カードのサンプル

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]