logo

高級ケータイ「Vertu」に、カーボンファイバーを使った端末が登場--96万円から

永井美智子(編集部)2009年07月09日 22時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 高級携帯電話ブランド「Vertu」から、カーボンファイバー(炭素繊維)を使ったモデル「Ascent Ti Carbon Fibre」が発売される。また、ボディに18金を使ったものや、フェラーリとのコラボレーション端末の新作も登場する予定だ。

  • 全世界1500台限定の「Ascent Ti Carbon Fibre Limited Edition」

 Ascent Ti Carbon Fibreは、スポーツカーをイメージしたAscent Tiシリーズの最新モデル。カーボンファイバーはモータースポーツや航空宇宙業などで使われる軽量、強度の高い素材で、ツイル織りの文様を生かしたデザインに仕上げた。なお、カーボンファイバーの表面は樹脂で固めている。

 このほか、ディスプレイ部分には強度の高いサファイアクリスタルを採用。ダイアルキーはステンレス製で、オートフォーカス対応3メガピクセルカメラなどを搭載している。

 Ascent Ti Carbon Fibreは、背面までカーボンファイバーを使用した全世界1500台限定の「Ascent Ti Carbon Fibre Limited Edition」(167万円)のほか、「Ascent Ti Carbon Fibre Grip」「Ascent Ti Carbon Fibre & Alminium Grip」「Ascent Ti Carbon Fibre & Copper Grip」(いずれも96万円)の4種類がある。いずれも8月発売予定だ。

  • Ascent Ti Carbon Fibre Limited Editionのスピーカー部分。カーボンファイバーのツイル織りが印象的だ

  • 通常、背面にはチタンが使われているが、Ascent Ti Carbon Fibre Limited Editionではカーボンファイバーが採用されている

  • 左からAscent Ti Carbon Fibre & Copper Grip、Ascent Ti Carbon Fibre Limited Edition、Ascent Ti Carbon Fibre & Alminium Grip

  • フェラーリとのコラボレーションモデルの最新作

 このほか、10月にはフェラーリとのコラボレーションモデルの最新作も発売される。フェラーリの新作モデル「California」「599XX」からインスピレーションを得たといい、ブラックチタンとフェラーリに実際に使われている革を使った点が特徴だ。車のエンジン音なども内蔵されている。全世界で2009台限定の販売となる。

  • ブラックチタンを採用しており、フェラーリの紋章もブラックだ

  • 車に使われているのと同じ革、赤いステッチを採用した

  • 背面にもフェラーリの紋章がある

 また、Ascent Tiシリーズで18金を使ったモデルも披露された。発売時期は明らかにされていないが、価格は348万円の予定。

 VertuはNokiaが立ち上げたラグジュアリー携帯電話のブランド。2009年2月に日本に上陸し、NTTドコモの通信網を利用してサービスを提供している。英国にある工場ですべて手作業で組み立てられている、宝飾品のような端末だ。コンシェルジュサービスなどが受けられる「VERTU CLUB」は日本で2009年夏に開始予定となっている。

  • 18金を使ったモデル。レッドゴールドと呼ばれる、やや赤みを帯びた落ち着いた金色が特徴だ

  • 背面はチタンだが、ところどころアクセントに18金があしらわれている

  • 端末上部にある電源ボタンも18金だ

-PR-企画特集