電通など、iPhone向け電子雑誌販売サービスを開始--講談社など23社が参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通は7月8日、ヤッパと提携し、電子雑誌を携帯電話などで有料販売する「MAGASTORE」を2009年夏に開始すると発表した。第1弾としてiPhone向けアプリでのサービスを開始し、その後ほかの携帯電話向けにも拡大する。

 MAGASTOREは専用アプリをインストール後、電子雑誌を購入し、ダウンロードして利用する。アプリの価格は115円で、無料版も配布する。また、雑誌コンテンツの価格は115円から600円程度となる見込みだ。購入した電子雑誌はアプリ内の「MyShelf」に保存され、閲覧する際には指先でページをめくったり拡大表示したりできる。最新号だけでなくバックナンバーも用意するという。

 同日時点で講談社や新潮社、ソニー・マガジンズなど23の出版社から約30誌の雑誌が販売されることが決定しているという。年内には約30社、50誌以上に拡大する見込みとのこと。また、今後は携帯電話キャリアの公式サイトとしての展開やPC、ゲーム端末などへの配信もしていくといい、将来的には電子雑誌コンテンツに対し広告も掲載する予定だ。

MAGASTORE MAGASTOREの画面イメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加