logo

[ブックレビュー]悲劇は始まっている?--「インターネットが死ぬ日 そして、それを避けるには」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細:新書 / 466ページ / 早川書房 / 価格:¥ 1,470 / 著者:ジョナサン・ジットレイン / 監修:井口耕二 / 発売日:2009/06/25 / 外形寸法 (H×W×D):17.2cm × 11.6cm × 2.8cm / 重量:0.4 kg
内容:最新かつ膨大な情報を手に入れられる“インターネット”。すでに使わなければ仕事が成り立たないほど、日常に密着したこの最新ツールが、すでに退化しているのだとしたら……?

 ウェブは、いつも進化していると思っていた。インターネットにはどこからでも接続できるようになり、オンラインで手軽に使える便利なサービスが次々と生まれている。しかし、実はすでに退化し始めていたなんて……。

 ショッキングなタイトルである。現代では、インターネットを使わなければ仕事は成り立たない。その環境が死にそうになっていると聞いて、驚かない人はいないだろう。著者のジョナサン・ジットレイン氏は、「なぜインターネットは退化しているのか」「どうしたらインターネットを死なせずに済むのか」について膨大な事例とデータに基づいて、問題点の指摘と解決策を提示している。

 そもそも、さまざまな脆弱性を抱えたまま、これだけインターネットが普及したのは「問題点はいつか誰かが修正してくれるだろう」という「問題先送りの原則」があったからで、それが原因で人々は今、便利さを享受できているのと同時に、悪質なウィルスや行為に悩まされている。

 そこで、悪意にさらされる危険性の高い「オープンで肥沃な端末」を捨て、「iPhone」や「Xbox360」など基本的にベンダー側しか改変のできない「ひも付きアプライアンス」を好む傾向が増している。しかしこれでは、ユーザーの自由度は低く「生み出す力」が弱まってしまう。

 そうならないために、やらなければいけないことは何か。本書を読んで、自分にできることを考えたい。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]