「livedoor Reader」、パネル型インターフェースを採用した「ヘッドラインモード」を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブドアは6月29日、ウェブ型RSSリーダー「livedoor Reader」に、パネル型のインターフェースを採用した新モード「ヘッドラインモード」を追加した。

 ヘッドラインモードでは、ページ上部のタブ型メニューを選択すると、登録しているニュース系サイトやブログの記事タイトル(ヘッドライン)を、パネル型に最大16フィードまで同時に表示できる。

 従来の表示方式となる左側にメニュー、右側に記事本文という2カラム表示のノーマルモードと比べ、大量の情報を一望できる。見たい情報をすぐに見つけられるほか、より見やすくカラフルなインターフェースになったことで、RSSリーダー初心者でも違和感なく快適に使用できるという。

 また、矢印キーでの移動や、キーボードショートカット機能を追加した。マウスを使わずに操作が可能になったことで、ITリテラシーの高いユーザーには、より高速快適な情報収集とスムーズな情報の選択が可能になったとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加