インターネットの利用時間、20代男性でテレビを抜く--博報堂DYメディア調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 博報堂DYメディアパートナーズの調査から、東京都内に住む20代男性では、PCインターネットの利用時間がテレビ視聴時間を抜いたことが明らかになった。ほかの世代でも、インターネットはテレビに次ぐ第2のメディアとして定着しているという。

 これは博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所が6月23日に公表したレポート「メディア定点調査2009」の中で明らかになったもの。同社は、東京都、大阪府、高知県に在住する15歳から69歳の男女個人を対象に、郵送調査法でメディアの接触状況を調べた。サンプル数は3地区合計で1919人となっている。

 東京地区の調査結果をみると、生活者のマス4媒体(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)とインターネット2媒体(PC、携帯電話)を合わせた1日のメディア接触総時間は、週平均で5時間24分となった。ここ数年は微減傾向にあったが、2009年は前年に比べ全体で若干増加した。不景気の影響から自宅で過ごす時間が増え、PCインターネットの利用時間が増えたためとみている。

 媒体別の内訳を見ると、テレビが163.5分、ラジオが31.1分、新聞が26.0分、雑誌が17.6分、PCインターネットが67.6分、携帯電話からのインターネットが18.1分となっている。性世代別に見ると、男性20代ではテレビ接触時間が110.9分であるのに対し、PCインターネットの利用時間は116.1分となり、過去の調査を通じて初めてインターネットがテレビを抜いた。また、女性10代の携帯電話からのインターネット利用が98.4分であるのに対し、女性20代では26.2分と、携帯電話の利用時間は10代とそれ以上の世代で大きく異なる。

090624_hakuhodo_s.jpg マス4媒体からインターネットまでを合わせた1日のメディア接触総時間(性年齢別比較)
(※画像をクリックすると拡大表示します)

 このほか、動画投稿サイトの利用経験率が、2008年の38.8%から2009年には52.9%と大幅に増加している。特に20代男性では利用経験率が90.0%と高い。なお、地上デジタル放送の利用経験率は2008年の40.4%から2009年は57.1%、ワンセグ放送は2008年の28.5%から2009年は41.6%と、いずれも増加している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加