携帯電話で撮った写真で商品検索、バリューコマースとエブリクスが開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エブリクス・ジャパンとバリューコマースは6月18日、カメラ付き携帯電話端末で撮影した写真を使って商品検索するサービスを開始した。大手Eコマース事業者へ誘導する仕組みだ。

 エブリクスが開発した画像検索技術およびサービス「写リンク」とバリューコマース・ウェブサービスとを連携させる。写リンクを使うと、バリューコマース・ウェブサービスに登録されている商品販売サイトと販売価格が表示されるようにし、ユーザーを購入ページへ誘導する。Yahoo!ショッピング、TSUTAYA onlineが扱う500万点以上の商品に対応するとのこと。

 写リンクの利用方法は2つ。1つは書籍の表紙やCD、DVDのジャケットを撮影したデータをメールに添付して専用アドレスに送ると、購入サイトなどのURLがメールで送られてくるというもの。もう1つは、専用の携帯電話アプリをインストールして利用する方法だ。

写リンク 「写リンク」のシステム概要(※画像をクリックすると拡大表示します)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加