logo

BIGLOBE、全サービスを2010年度末までにIPv6に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECビッグローブ(BIGLOBE)は6月10日、メールや各種ポータルサイトなど、BIGLOBEが提供するすべてのサービスをデュアルスタック化し、2010年度末までにIPv6に対応させると発表した。

 デュアルスタック化は、同一のネットワークとサービス上でIPv4とIPv6を同時に利用する技術。既存ネットワークに低コストの改造を加えることでIPv6対応が可能なため、巨額の投資が必要となるIPv6ネットワークの新規構築をすることなく、IPv6に対応できるという。

 また、IPv6とIPv4は互換性がないことから、ユーザーが混在した際に、異なる環境の相手へのメールが不達になったり、ホームページの閲覧も相互にできなくなったりするが、デュアルスタック化により、環境の違いを意識することなく、異なるIPアドレス間でのシームレスな利用が可能になるとしている。

 第1弾として、メールと個人向けホームページサービスを10月までにデュアルスタック化し、IPv6に対応させる。メールサービスでは、BIGLOBEユーザーに限らず、IPv4ユーザー、IPv6ユーザー双方とのメール送受信が可能になる。また、個人向けホームページでは自動的にIPv4とIPv6両方の環境から閲覧が可能なサイトが構築できるとしている。

-PR-企画特集