オンキヨー、フルハイビジョン対応ディスプレイ「ONKYO LA21TW-01S」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは5月29日、フルハイビジョンに対応した21.5型ワイド輝き液晶ディスプレイ「ONKYO LA21TW-01S」を発表した。全国のSOTECブランド製品取扱店およびSOTECダイレクトにて、6月1日より順次販売を開始する。価格はオープンだが、SOTECダイレクト価格は3万4800円となる。

 ONKYO LA21TW-01Sは、同社が4月に発表したSOTECブランドのアドバンススリムタワー「SOTEC S503シリーズ」の付属ディスプレイ「ONKYO LA21TW-01」に、各種信号ケーブルを追加したもの。HDMIに加えて、DVI-D(24pin、HDCP対応)とミニD-Sub 15pinを搭載する。

 動きの速い映像を再生した時も、残像感の少ない高速応答速度5msの高品位パネルを採用し、引き締まった黒色や鮮やかな白色を表現する最大コントラスト比2万対1を実現するとのこと。ボディには最薄部13.5mmのスリムフレームを採用している。

 また、同社がオーディオで培った技術によるオンキヨー製スピーカーを搭載。ディスプレイ部との共振を回避する独立スピーカー設計により、奥行きのある豊かなサウンド再生を可能にしたという。

「ONKYO LA21TW-01S」 「ONKYO LA21TW-01S」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加