ペンタックス、コンパクトかつ高剛性なデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-7」

エースラッシュ2009年05月21日 16時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HOYAのPENTAXイメージング・システム事業部は5月21日、コンパクトかつ高剛性のあるデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-7」を発表した。6月末より発売する。価格はオープン。

 PENTAX K-7は、ボディ外装に軽量かつ堅牢なマグネシウム合金を、シャーシには高剛性なステンレス合金を採用したコンパクトなデジタル一眼レフカメラだ。有効画素数が約1460万画素の23.4×15.6mmサイズCMOSセンサーと、独自の画像処理エンジン「PRIME II(PENTAX Real Image Engine II)」で高画質を実現したという。77カ所にシーリングを施した防塵・防滴構造やマイナス10度まで動作する耐寒性能、10万回の作動に耐える最高速度1/8000秒の新開発シャッター機構など、優れた耐久性も備えているとのこと。

 そのほか、光学ファインダーには視野率約100%のものを採用。秒間約5.2コマの高速連写、ゴミの写り込みを防ぐ「DR II(Dust Removal II)」機構などを搭載している。また、大幅に進化した手ブレ補正機構「SR(Shake Reduction)」、顔検出AFや高速連写に対応したライブビュー機能に加え、1280×720ピクセルで30fpsのHD動画撮影機能も搭載されている。

 本体サイズは高さ96.5mm×幅130.5mm×奥行き72.5mmで、本体のみの重量は約670g、表示部は約92万ドットの3.0型液晶だ。記録媒体についてはSDメモリーカードおよびSDHCメモリーカードに対応する。

 ボディのほか、専用のバッテリグリップ「D-BG4」、防滴性に配慮した小型軽量ズームレンズ「smc PENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL WR」と「smc PENTAX-DA50-200mmF4-5.6ED WR」もラインアップ。また、ボディとsmc PENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL WRを組み合わせたレンズキットも発売される。

  • PENTAX K-7(ボディのみ、店頭想定価格:13万円前後)
  • PENTAX K-7(レンズキット、店頭想定価格14万円前後)
  • smc PENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL WR
    (交換レンズ、店頭想定価格:2万円台後半)
  • smc PENTAX-DA50-200mmF4-5.6ED WR
    (交換レンズ、店頭想定価格:3万円台前半)
  • D-BG4(バッテリグリップ、店頭想定価格:2万円前後)
「PENTAX K-7」 「PENTAX K-7」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加