ネットレイティングス、モバイル利用者行動履歴調査を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットレイティングスは5月14日、携帯電話ユーザーのウェブサイト利用動向を調査する「Keitai Viewモバイル利用者行動履歴サービス」を開始した。6月30日からレポートの提供を開始する。

 Keitai Viewモバイル利用者行動履歴サービスは、情報提供者であるパネルの実際のウェブサイトのアクセスログをもとに、リーチ%、ページビュー数、滞在時間などウェブサイトの利用状況と、性別、年齢、世帯年収、最終学歴、職業などウェブサイトごとの利用者属性情報を集計し、カテゴリー別に毎月データを更新してレポートするサービス。

 パネル自身が日常的に使用あるいは所有する商品名やブランド名、新聞、雑誌、テレビなど他メディアの接触状況などのライフスタイルに関する200項目のアンケートを年1回実施し、データベース化する。そのため、携帯電話マーケティング全般の基礎資料として利用できるという。利用料は税別で月額30万円からとなっている。

 サービス開始時点では、20歳以上のiモード利用者をパネルとして集計を開始し、順次調査対象者を拡大する。6月に提供を開始する最初のレポートは、2000名のパネル中、有効回答を得た430名のアクセスログとライフスタイル情報をもとにレポートする。ネットレイティングスでは2009年度末までに有効回答者数を3000名までに拡大するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加