logo

VRI、モバイルでのインターネット視聴状況を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデオリサーチインタラクティブ(VRI)は5月14日、NTTドコモのiモードを利用する全国の16歳から49歳までの男女を対象に、モバイルでのインターネット視聴状況を調査した「モバイルインターネット視聴データ」を発表した。

 調査によると、モバイルインターネットの時間帯別の利用状況は、平日、土日を問わず、おおむねどの時間帯も、女性20〜34歳(F1層)に比べ、男性20〜34歳(M1層)の方が利用率が高いことがわかった。また、平日の利用は両者とも12時台と21〜22時台で活発だが、M1層は朝の9時台で最初のピークを迎えるのが特徴となっている。

 ドメイン別の1週間の累積到達率(リーチ)では、M1層、F1層ともに、NTTドコモが運営しているサイトを除くと、「ヤフー」「日本マクドナルド(トクするケータイサイト)」「グーグル」「楽天」「mixi」などのリーチが高くなっている。

 また、1週間のmixi接触者とGREE接触者のプロフィール比較では、GREE接触者の方が「よくクチコミをする」割合が高く、mixi接触者の方が車内広告などのOOHへの反応が強い傾向にあることがわかった。

 同調査は、3月9日から3月15日にかけて1度でも携帯電話でインターネットにアクセスしたiモードユーザーを対象に携帯電話端末でのインターネット視聴データを取得するとともに、対象者のプロフィール情報調査を実施したもの。

-PR-企画特集