logo

基本料は割引サービス「月々割」から除外--ソフトバンクモバイル、沖縄で試験導入

永井美智子(編集部)2009年05月12日 14時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは5月11日より、沖縄県の一部の店舗において、契約者の利用料金の一部を割り引くサービス「月々割」の対象から月額基本料を除くテストマーケティングを開始した。これにより、契約者は最低でも毎月、携帯電話の機種代金と基本使用料を支払う必要がある。

 沖縄県にある一部のソフトバンクショップにおいて、新規または買い換えで端末を購入し、新スーパーボーナスを契約したユーザーが対象となる。

 月々割は、ソフトバンクモバイルの携帯電話を新スーパーボーナスプランで購入した顧客に対して、機種に応じた一定額を通信料から毎月割り引くサービス。これまでは月額基本使用料、通話料、通信料、ネット接続サービス「S!ベーシックパック」などが割引の対象だった。今回のテストマーケティングでは、月額基本使用料を割引の対象から外した。

 ソフトバンクモバイルによれば、「仕様変更した場合の顧客の反応を見るため」に導入したという。マーケティング期間は5月24日までで、全国に適用するかは未定としている。

090512_sbm.gif 現在の「月々割」の支払い額のイメージ(新規加入、新スーパーボーナスに加入し、携帯電話機を2980円×24回払いで購入した場合)。テストマーケティングでは、基本使用料が割引対象から除外される

-PR-企画特集