日本初となる「GPLバージョン3」の解説書、IPAが公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA/ISEC)は4月23日、オープンソース(OSS)ライセンスのひとつである「GNU GPL(GNU General Public License)Version3」(以下、GPL v3)に対する逐条解説書(第1版)を作成し、IPAのホームページで公開した。

 GPLはOSSライセンスの先駆的な存在として、Linuxを始めとする多くのOSSで採用されている。ただ、現在広く用いられているGPLはバージョン2(GPL v2)で、ライセンスの条項ごとに具体的な解説がされている解説書が少ないという問題もあった。

 今回公開された解説書では、IPAオープンソフトウェア・センターのリーガル・タスクグループとGPL v3の起草にあたった米Software Freedom Law Center(SFLC)との共同作業により、GPL v2とGPL v3との違いを具体的に紹介している。また、ライセンスの条項ごとに詳しく解説し、条文の解釈に関して議論の分かれる可能性のある部分については、SFLCの見解を載せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加