logo

グラフの新たな利用方法を提案し「データ版YouTube目指す」--フィルモア・アドバイザリー森氏

Emi KAMINO 岩本有平(編集部)2009年04月24日 13時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブラウザ上でデータを検索し、グラフを作成・共有できるサービス「vizoo(ビズー)」の提供を5月に控えるフィルモア・アドバイザリー。Tech Venture 2009で準グランプリを受賞した同社は、「データ」の利用で世界進出をねらうという。代表取締役の森航介氏に今後の展開を聞いた。

--フィルモア・アドバイザリーを設立した経緯を教えてください。

 私は銀行出身ですが、2004年から2年間シリコンバレーに留学していた際に、現地の起業家やエンジニア、学生などとさまざまなプロジェクトに関わる中で、ウェブ関連のビジネスを自分で立ち上げることに強い興味をいだくようになりました。

フィルモア・アドバイザリー代表取締役の森航介氏 フィルモア・アドバイザリー代表取締役の森航介氏

 2006年夏に独立・起業し、海外ヘッジファンドに日本株リサーチを提供することで会社を回しながら、真にユニークでスケールするビジネスモデルについてじっくり考えました。私は金融出身なので金融とウェブを組み合わせるというのは自然な流れでした。さらに米国の事業モデルなどを広範に研究したり、社内外でブレストを重ねたりしながら、「vizoo」のコンセプトを考案しました(編集部注:ベータ版(無料)の公開は5月の予定)。

--vizooとはどのようなサービスなのでしょうか。

-PR-企画特集