logo

日本システムウエア、Android向けのマルチメディアプレイヤーを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本システムウエア(NSW、多田修人取締役会長兼社長)は4月22日、携帯電話向けプラットフォーム「Android」向けマルチメディアプレイヤー「nswPlayer」を開発したと発表した。

 「nswPlayer」は、動画、音楽ファイル、画像などの各種データをサポートするスタンダードなメディアプレイヤー。H.264/AVC、MPEG4、3GPP、MP3、AAC、AMR、PNG、JPEG、GIF、BITMAPの各種フォーマットに対応している。2種類のファイル閲覧モードを用意しており、「Auto Scanモード」では、メディアタイプごとにタブで容易に切り替えが可能。「Explorerモード」では、一般的なファイルマネージャー機能を提供する。

 タッチパネル上での操作性を駆使し、使いやすさを重視したインターフェイスを実現。タッチ操作(スライド/タップ)で再生コントロールができるほか、端末の向きによる縦横切り替え機能を備えている。また、音楽プレイヤー機能として、アルバム指定、アーティスト指定、プレイリストなど、画像編集機能として、色調変換、リサイズ、顔検出などを搭載している。

 今後同社では、「nswPlayer」のデザインの改善、レスポンスの向上、ネットワーク対応などのバージョンアップを行っていく予定。さらに、複数のAndroidアプリケーションの開発にも着手しており、これらアプリケーションのAndroid Marketへの提供を検討している。

日本システムウエア=http://www.nsw.co.jp/

-PR-企画特集