logo

添付ファイルの強制暗号化で、誤送信による情報漏えいを防止--ビック東海のASPサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビック東海は4月14日、企業向けメールASPサービス「OneOffice Mail Solution」の新機能として、メールの添付ファイルをパスワード付きのZIPファイルに変換するサービス「OneOffice Safe Clip」を開始した。

 メールに添付されているファイルを強制的にZIPファイル化して送信し、ランダムに生成されたパスワードをメールに記載して5分後に受信者に自動配信する。万が一メールを誤送信した場合でも、5分以内にパスワード通知メールの配信停止操作をすれば、受信者は添付ファイルを開けない。

 希望者は同社が提供するメールサーバのASPサービス「OneOffice Mail」を利用するか、ユーザーが運用するメールサーバのゲートウェイとしてOneOffice Mail Solutionを利用する。料金は初期費用が3万円、月額費用がメールアカウントあたり200円となる。

-PR-企画特集