logo

脆弱性を毎日診断、無料スキャニングサービスをBBSecが提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は4月9日、インターネットに接続されているネットワークシステムとウェブアプリケーションの脆弱性を毎日自動診断する「CrackerGuard」を利用した無料スキャニングサービスを開始した。

 BBSecが独自開発したシステムを使って、ネットワーク経由で安全性を診断する。結果はウェブ上で確認できる。脆弱性が可視化されるため、クラッカーからの攻撃を事前に防止できるという。日本初の取り組みとして、ログイン認証後のウェブページの脆弱性も診断するとのことだ。

 このサービスを利用することで、ユーザーは自社サイトのリスク状況について確認できるという。脆弱性が検知された場合、有償サービスを申し込むと、脆弱性部位と対応策が記述されたレポートが提供される。

-PR-企画特集