ソケッツが東証マザーズ市場へ新規上場--初値は公開価格を81%上回る8000円に - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソケッツは携帯電話向け組み込みアプリケーションの開発やデータベース構築と、デコメールなどのコンテンツ配信を手がける。既上場の類似企業には、組み込みソフト開発のACCESSやアクロディア。コンテンツではザッパラス、アイフリークなどが挙げられていた。プラットフォーム開発とコンテンツ配信の双方を手掛ける銘柄としてプライムワークスなども意識されていた。これらは新興市場の人気銘柄であり、市場で高い評価を受けている有力企業。これもソケッツ株への前評判を高めていた。

 ソケッツは上場前から高い評価を受けていたが、初値については6000〜7000円がコンセンサスとなっていた。全般相場の物色銘柄不足となっており、消去法的に目先的な資金を集めた面もある。取引開始以降、気配値を切り上げる段階で買い注文を増やしており、市場では「人気化しているのを確認してから、乗ってきた投資家も多かった」との指摘もあった。

 ただ、初値形成後は一転。売り注文が増え、値幅制限いっぱいとなる初値8000円比1000円安の7000円まで売られ、そのまま初日の取引を終えた。初値が予想以上に高く付いたことで、利益確定の売りが一気に出てしまった。当面、株価は需給面の落ち着きを待つ形で調整が続くとみられる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]