logo

日立ソフト、ID統合管理製品「SRシリーズ」の機能を拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトは3月27日、ID統合管理製品群「SRシリーズ」に新機能を追加した。ID管理製品「SR-Account」においてID登録を簡単にしたほか、シングルサインオン製品「SRGate」と特権ID管理製品「SR-AdminSupport」にも新機能を追加した。

 SR-Acconutは、組織やユーザーの情報をデータベースで一元管理し、複数のシステムや業務アプリケーションのIDとアクセス権を管理するソフト。今回新たに、契約社員、パート社員、一時入館者などのID登録をウェブ画面からできるようにした。また、IDに関する証跡を取得し、監査時に活用できるログを提供するようにした。

 SRGateには、Active Directory環境におけるWindowsのログオン認証と連携する機能を追加。利用者の認証が1度だけとなり、利便性が向上するという。SR-AdminSupportでは、特権IDの管理対象にUNIX系OSを追加し、Windows、UNIX系OSの一貫した特権ID管理を可能にした。

 価格は、SR-Accountが500IDライセンスで294万円から、SRGateが1サーバライセンス315万円から。SR-AdminSupportはマネージャの1サーバライセンスが157万5000円から、エージェントは14万1750円からとなっている。

-PR-企画特集