logo

グーグル、デジタル化した古典作品をSony Readerに提供へ

文:Jeniffer Guevin(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年03月23日 13時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーの電子書籍リーダーが、AmazonのKindleとの争いで英国の作家Jane Austenの手を借りようとしている。

 ソニーは米国時間3月18日の晩にGoogleとの提携を発表した。この提携により、50万冊の古典作品がSony Reader Digital Bookで閲覧可能になる。ユーザーは、ソニーのeBook Storeにて、それらの本を無料でダウンロード可能になる。

 Googleは何年もかけて本をスキャンし、それらをデジタルフォーマットに変換してきたが、少なくともその一部はGoogle Book Searchプロジェクトの一環として行っていた。しかし、The New York Times によると、Googleは今後、著作権が切れた書籍をソニーに提供するという。つまり、Sony Readerに新たに追加される作品の大半は、1923年以前に出版された作品ということになる。

 ソニーによると、同ライブラリには「The Awakening」「A Connecticut Yankee in King Arthur's Court」「Sense and Sensibility」などの有名な古典作品から、「Letters of Jane Austen」など、あまり一般的ではない作品、さらにフランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語などで書かれている本などが含まれるという。

 この提携により、Sony Readerライブラリの作品数は最高で60万冊に達する(AmazonのKindleライブラリの数は現在およそ25万タイトル)。提携の金銭面の詳細は明らかにされていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集