FJBとMS、SQL Serverを活用したBIソリューションを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通ビジネスシステム(FJB)とマイクロソフトは3月9日、Microsoft SQL Server 2008のReporting Services機能を活用したビジネスインテリジェンス(BI)ソリューションを提供開始した。

 同ソリューションでは、両社が共同開発した「販売管理用」「在庫管理用」「会計管理用」からなる計22種類のBIテンプレートとSQL Serverを一体化して提供するほか、既存システムのデータ調査からデータの取り込みの設計、構築、運用設計、導入後のレポートカスタマイズや新規作成に向けた教育まで、BIに関するあらゆるサービスを提供する。

 利用価格は、SQL Serverライセンスを含む「販売管理BI」が5ユーザーあたり150万円、オプションサービスの「在庫管理BI」と「会計管理BI」がそれぞれ50万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加