よく見るニュースサイトは2つ以上5割

アイシェア rTYPE リサーチ2009年03月03日 11時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PCが普及し、情報源としてインターネットがすっかり浸透したが、PCでニュースサイトを閲覧している人はどのくらいいるのだろうか。また、いくつのニュースサイトを閲覧し、どのような基準で選んでいるのだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー男女465名の回答を集計した。

 PCからニュースサイトを見る頻度は、「毎日見ている」が38.3%、「毎日ではないが頻繁に見ている」が22.2%、「たまに見ている」が21.7%で閲覧率は80%以上。特に男性は44.5%が「毎日見ている」と答えた。

 PCからニュースサイトを見ると答えた382人に、よく見るニュースサイトがあるか聞いたところ「2〜5サイトある」が50.0%と最も多く、「ない」としたのは19.9%で、80%以上の人がよく見るニュースサイトがあると回答した。この項目で数値が高かったのは男性(84.1%)と30代(81.6%)で、女性、20代、40代では70%台という結果だった。

 「よく見るサイトがある」とした人に、どのようなサイトを見るのか具体的に聞くと(複数回答)、「ポータルサイト」が76.5%と、2位の「新聞系(48.4%)」、3位の「IT系(31.7%)」を大きく上回った。

 以下、「個人ニュースサイト(12.7%)」「仕事に関する業界ニュース(12.7%)」「地方ニュース(8.2%)」「仕事に関係ない業界ニュース(6.2%)」と続き、その他の回答では「mixiなどのSNS」でニュースを見るという人も複数いた。

 属性別に見ると、男性は「IT系(43.8%)」「個人ニュースサイト(16.2%)」「仕事に関する業界ニュース(14.6%)」の数値が女性よりも高く、幅広いニュースサイトを利用している様子。

 年代別では、20代の「IT系(41.2%)」「個人ニュースサイト(35.3%)」利用率が、どちらも30代・40代より高い結果となった。また、「新聞系」「仕事に関する業界ニュース」は年代が上がるほど利用率が高くなる点も特徴的だった。

 ニュースサイトをよく見る理由は、「見慣れているのでなんとなく」が69.9%で最も多く、以下、「情報が多いから(25.8%)」「コンテンツが充実しているから(25.2%)」で、ほか、「信頼できるから(17.6%)」などは20%に満たなかった。

 「見慣れているのでなんとなく」の数値が特に高かったのは、女性(75.2%)と40代(78.6%)で、「情報が多いから」を重視しているのは男性(30.3%)と20代(38.2%)に多かった。また、20代よりも30代、40代の方が「サイト構成のわかりやすさ」を理由にあげる人が多い傾向が見られた。

 調査はブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。

よく見るニュースサイトがあるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加