メールで1000タイトルの海賊版を宣伝、販売していた男性が追送致

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yahoo!オークションを悪用してアニメDVDの海賊版を販売していた男性が2月17日、兵庫県警本部生活経済課と東灘署、灘署に追送致された。これは社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が2月18日に著作権侵害事件として公表したもの。

 この男性は兵庫県神戸市灘区在住の無職(44歳)で、Yahoo!オークションやメールを悪用し、権利者に無断で複製したアニメDVDを販売していた。男性は、権利者に無断で複製した洋画DVDを販売していたとして、1月7日に兵庫県警に逮捕されている。

 男性は、2008年7月23日頃から9月26日頃までの間、前後3回に渡って小学館集英社プロダクションが著作権を持つ「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ(レンタル版)」、同社が日本での独占的複製販売権を持つ「ボブとはたらくブーブーズ たいせつななかま・前篇」など3作品を権利者に無断で複製し、DVD-R計5枚を、神奈川県の男性など2人に販売していた。

 また男性は、2008年11月12日、東映が著作権を持つ「HEROCLUB炎神戦隊ゴーオンジャー1マッハで飛ばせ!ゴーオンジャー」など4作品を権利者に無断で複製したDVD-R1枚とハードディスク2台を、販売する目的で自宅に所持していた。男性は2006年6月頃にYahoo!オークションを通じて海賊版の販売を始め、やり取りのあった顧客に対してメールでリストを送信し、海賊版販売の宣伝もしていた。

 メールは、1カ月に1回程度の頻度で送信され、顧客のリクエストに応じる形で商品を追加した。2008年11月には約1000タイトルのアニメや映画のDVD、音楽CDなどのリストを掲載し、これまでに延べ約1600人がメールを受け取っていたことが判明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加