logo

グルコース、Twitter中毒者向けiPhoneアプリ「Fastweet」を提供

鳴海淳義(編集部)2009年02月12日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グルコースは2月12日、iPhone/iPod touch向けアプリケーションの第1弾として、Twitterクライアント「Fastweet」を提供開始した。

 Fastweetは、1日に1000件以上の他人の「つぶやき」を見ることがあるというTwitterのヘビーユーザーのために開発された。大量のつぶやきを読むことに特化し、最大2000件のつぶやきを取得した状態でも高速に動作するよう設計されているという。

 また、1ページに50件のつぶやきを表示することでページ切り替えの回数を軽減するなど、一覧性を重視したインターフェイスを備えた。

Fastweetのメイン画面。「Prev」「Next」画面で50件ごとに切り替えることができる。Fastweetのメイン画面。「Prev」「Next」画面で50件ごとに切り替えることができる。

 PC上でリアルタイムに最新記事を取得、表示するクライアントと異なり、モバイル環境では起床時や仕事の合間など、時々立ち上げてその間に更新されたつぶやきをまとめて読むことが多い。

 そのためFastweetは、起動時に前回からの差分をすべて取得し、保存する。件数は最大800件程度で、Twitterが提供するAPIの仕様に準じるという。保存されたつぶやきはオフライン状態でも閲覧できるため、iPod touchのように特定の場所でしか通信できない場合でもつぶやきを閲覧できる。

 Fastweetにはフル機能版、無料版の2種類のラインアップがある。フル機能版である「Fastweet 2K」は最大記事取得、保存数が2000件で、価格が230円。無料版は最大記事取得、保存数が200件で、無料だ。最大記事取得、保存数以外の機能はどちらも同じ。

Fastweetのつぶやき画面。外部ウェブページへのリンクがボタンとして表示される。Fastweetのつぶやき画面。外部ウェブページへのリンクがボタンとして表示される。Fastweet内蔵のブラウザで閲覧できる。
Fastweetの投稿画面。送信前の書き込みは常に保存される。Fastweetの投稿画面。送信前の書き込みは常に保存される。

-PR-企画特集