logo

ジャングル、ウイルス検出率99.9%の総合セキュリティソフト、USBメモリ版も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャングルは2月5日、ドイツのセキュリティソフトメーカー「G DATA Software」と提携し、同社の総合セキュリティソフトで、ウイルス検出率99.9%の「G DATA インターネットセキュリティ 2009」シリーズ5製品を2月19日から発売すると発表した。価格はオープン。

 「G DATA インターネットセキュリティ 2009」シリーズは、スキャンエンジンを2つ搭載し、99.9%のウイルス検出率を実現。新種ウイルスも、大量拡散を発見してから約30秒で隔離できる。最近急増している、USBメモリに潜むウイルスにも対応し、ファイルを開いたりコピーしたりする前にブロックすることが可能。

 新機能として、変化のないファイルスキャンをスキップする「フィンガープリンティング」により、2回目以降のスキャンを1回目の3倍の速度で行えるほか、オンラインゲームの通信を妨げずにセキュリティチェックを行う「オートパイロット機能」を自動化した。

 システムが不安定な際には、製品を収録したUSBメモリまたはCD-ROMから、Linux版のウイルス駆除ソフトを起動し、ウイルススキャンをすることもできる。また、今回の製品から、ドライブをもたないミニノートPCでも使えるよう、USBメモリ版も用意した。対応OSはWindows Vista/XP。

 ラインアップと実勢価格は、「G DATA インターネットセキュリティ 2009 1年版/1台用」が3980円前後、「同 1年版/3台用」が4480円前後、「同 1年版/3台用 USBメモリ版」が4980円前後、「同 3年版/3台用」が11000円前後。また、「同 1年版/3台用」に、PCの最適化・データバックアップツール機能を加えた「G DATA インターネットセキュリティ プラス 2009 1年版/3台用」が6980円前後の見込み。

 G DATA SoftwareのJag・山本社長は、今回の新製品について、「従来の性能の高さに加え、エンジンの組み替えを行ったことで、スキャン速度を最大で5倍まで高速化できた。新たにUSBメモリ版も用意したことで、ミニノートPCに最適な製品になった」とアピールした。

 ジャングルの神垣卓矢・ソフトウェア事業部長代理は「当社はこれまで様々な種類のソフトを販売してきたが、今後は規模の大きいセキュリティソフト市場への取り組みを強化したい。今回の製品は、性能と低価格という面からユーザーにアピールしていきたい」と意気込みを示した。

ジャングル=http://www.junglejapan.com/

-PR-企画特集