3Di、ブラウザする3D仮想空間を表示するビューワを今春公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ngi groupの子会社である3Diは1月29日、ウェブブラウザ上で3D仮想空間の表示を可能にする「3Di OpenViewer」を今春に提供開始すると発表した。

 3Di OpenViewerは、3DiがOpenSimをベースに開発した3D仮想空間サーバソフトウェア「3Di OpenSim」で構築した3D仮想空間を、Internet Explorer上で表示、操作できるようにする。

 3Di OpenViewerを利用することにより、3D仮想空間をウェブサイト内に埋め込むことが可能になり、既存のHTMLコンテンツとも連携させることができるという。

 3Diでは、3Di OpenViewerを製品サイトから無償で提供するほか、今春発売予定の「3Di OpenSim Enterprise Version 1.0」にも同梱するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加