logo

iモードを使った「迷子探しサービス」、埼玉県越谷市のイオンレイクタウンで開始

松田真理(マイカ)2009年01月26日 17時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 埼玉県越谷市にある国内最大級のショッピングセンター「イオンレイクタウン」は2月1日より、インターネット接続サービスを利用して、迷子の子どもの居場所が検索できる「迷子探しサービス」を無料で提供する。商業施設として初めてのサービスになるという。

 迷子探しサービスは、NTTドコモが技術開発した屋内基地局設備「IMCS」を利用する。IMCSは、高層ビルや地下街など、携帯電話が使いづらい場所でも通話を可能にするシステムだ。

 位置情報専用端末「CTG-001G」とオリジナル水鳥型収納ポシェットを合わせた「迷子探しキット」を貸し出し、子どもが迷子になった場合、iモードなどのインターネット接続サービスを利用して、施設内のどのエリアにいるのか確認できるようにする。施設従業員が子どもを発見した場合も、迷子探しキットにあらかじめ登録したIDをもとに、保護者を呼び出すことができるという。

迷子探しサービス 利用イメージ サービス利用イメージ(※画像をクリックすると拡大します)

-PR-企画特集