キングジム、デジタルメモ「ポメラ」の無償ソフトウェアアップデートを受付

坂本純子(編集部)2009年01月21日 16時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キングジムは、デジタルメモ「ポメラ(pomera)」のソフトウェアアップデートを1月15日より受け付けている。対象となるのは、キングジムが2008年12月下旬以前に出荷したもので、ソフトウェアのバージョンがVer1.0.1および1.0.2の製品だ。料金は無料。

 バージョンは、[menu]キー-「設定」タブ-「バージョン情報」で確認できる。アップデート後のバージョンは「Ver.1.1.0」となる。

バージョンアップによる主な変更点は下記の通り。

  • ローマ字・かな入力状態を電源OFFされても保持する
  • カナ漢モードで「SHIFT+無変換」操作により全角英数字を入力可能に
  • 変換候補を数字キーで選択可能に
  • 「ファイル名の変更」時に半角「.」(ドット)を入力するとテキストデータが「ポメラ」で読めなくなる現象を修正
  • UNDOを含んだ、ある特定操作を行うとポメラが正常動作しなくなる現象を修正

 バージョンアップするには、キングジムに着払いで本体と申込書を送る。ケーブルや保証書などは必要ないという。また、製品の返送まで約2週間から3週間ほどかかるとのことだ。送り先など詳細はキングジムのサイトで確認できる。

 ポメラは、2008年11月より発売を開始したテキストの文字入力に特化したデジタルメモ機。ネットにつながる機能は持たない。現在発売されている製品は、最新のバージョンのものがほとんどという。

バージョンは、[menu]キー-「設定」タブ-「バージョン情報」で確認できる バージョンは、[menu]キー-「設定」タブ-「バージョン情報」で確認できる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加